展覧会
  • 現在開催中の展覧会
  • 過去の展覧会
  • 今後の展覧会
当館について
  • ごあいさつ
  • 館長・岩立広子より
  • 出版物
  • 友の会募集
交通案内

「白の刺子 カンタ - ベンガルでの出会い」

2017年4月6日 - 7月15日
会期中の木・金・土曜日 開館

儀式用布[カンタ]ベンガル地方 19世紀後半 撮影:笹谷遼平

 再び、初めてのカンタ。

 表紙のカンタの出会いについては、私の著書「インド 大地の布」に載っているので割愛するがこのカンタが私の手元に来てから45年の歳月が流れた。その頃のカルカッタ(現コルカタ)は戦後の混乱をひきずり、その上、隣国のバングラデシュ独立のため多くの難民の流入、かつて大英帝国の首都だったことなど、想像もつかない土埃の舞う都市だった。手仕事の布を探していた私は、街なかに新しく出来たベンガル ホーム インダストリーと云う政府のお店に立ち寄ったが、マニプル州に住むナガ族の象や蝶の文様が織り込まれた大胆なブランケット、オリッサ州の木綿の浮織のベッドカバー、アッサム州の白地に赤の織り文様のショールなど、どれも素朴で良かったが、ベンガルの手仕事は粗く織ったジャムダニ織のサリーぐらいで昔の様なカンタの復活は夢の話だった。当時、知り合ったルビー パル チョウドリーさんは、とても熱心にその復活に取り組んでいた。残念ながら、新しい布を数枚重ねたカンタはかつての使い古された柔らかなモスリンのカンタには及ぶべくもなかった。

 その後、何度もカルカッタには足を運んだが、古いカンタを見るには郊外の田園の中にあるグルー サダイ ミュージアム、カルカッタ大学のコレクション、シュボ タゴール氏のコレクションなど、どれも素晴らしかったが私の初めて出会った自由でのびのびとした感性のカンタに出会えることはなかった。数年後、ニューデリーのマイダンにある骨董街の行きつけの店で、偶然に素晴らしい完成度の高いカンタが持ち込まれ、ぐずぐずしていると人に取られてしまうので、値段の末尾につくゼロがいくつなのか、ルピーなのかドルなのかさっぱり解らないまま、良い物を見ると使命感にかられて十数点の逸品を集めることが出来た。その後もコツコツと収集を続け、後半はバングラデシュにも足をのばした。どのカンタもそれぞれに美しく、彼等の綴った心の世界を表現し、2枚と同じものはなかった。

 しかし、最初に舞い降りて来た初めてのカンタは、何度見ても新たな感動を沸き立たせる不思議なパワーを持っている。近づいてみると、表面のモスリンの布地はうっすらと皮が擦りむけた痛々しい状態になってしまった。けれども、細い針目がチクチクと全面を優しく覆い、見る度に喜びをもらう。中央の見事な蓮文、四隅の豪華なペーズリー、咲き乱れる生命の樹、小さな蝶や可愛いアヒル、カラフルな孔雀、颯爽とした馬、象、虎、猿、立派な魚、旗を翻す山車、異人たちとベンガルの人々。一つずつ確かめてください。生きているのが楽しくなります。

岩立 広子




講演会

*申込受付は4月11日(火)からの10:00−16:00にて電話予約をお願いします。(定員40名)

4月25日(火)13:00−15:30
「カンタの技法」 会費2500円
カンタ刺繍の実演を交えながら、お話頂きます。 
講師 |望月真理

[ 1926年生 カンタ刺繍作家 1978年のカルカッタ国立博物館で初めてカンタの魅力を知って以来、10回に及ぶインド、バングラデシュの調査探訪。古いカンタを譲り受けては、それを元に研究、制作を続け現在に至る。故イルゼ・ブラッシュ氏にヨーロッパの刺繍を数年学ぶ。インド グルサダイミュージアムに作品のカンタ納入。新匠工芸展、民藝館展 入選 ]


5月31日(水)13:30−15:30
「ベンガルの暮らしのなかのカンタ」 会費2500円
講師 |西岡直樹

[ 宇都宮大学農学部卒 1973−1978年にかけてインド西ベンガル州ヴィシュヴァバーラティ大学、ジャドブプル大学のベンガル語学科で学ぶかたわら、村々をまわり、昔話や植物にまつわる話、放浪の絵師ポトゥアの絵巻物や語りを集める。西岡由利子とともに西ベンガル州で染織、刺繍、縫製のアナンダ工房を運営しつつ、ベンガルとの行き来を繰り返している。著書:『定本インド花綴り』木犀社、『サンタルのもりのおおきなき」(絵本)福音館書店ほか多数。]




ギャラリートーク

4月15日(土)・6月10日(土)=岩立 広子
5月13日(土)・6月24日(土)=廣田 繭子(学芸員)
いずれも10:30-11:30 予約不要、会費200円(別途入館料)、会員は無料
上記の日程以外でも、10名以上の団体を対象にギャラリートークを受け付けています。
ご希望の方は、事前にお申し込みください。