展覧会
  • 現在開催中の展覧会
  • 過去の展覧会
  • 今後の展覧会
当館について
  • ごあいさつ
  • 館長・岩立広子より
  • 出版物
  • 友の会募集
交通案内

「インドネシア 僻地の手仕事 - スマトラ島、ティモール島など」

2019年8月1日 - 11月9日
会期中の木・金・土曜日 開館


女性用筒衣 インドネシア スマトラ島ランプン 20世紀後半
男性用腰帯(部分) ティモール島アマナトゥン アトニ人 20世紀
男性用肩掛け[センバ](部分) フローレス島エンデ リオ人 20世紀
帯[fatu] ティモール島アマヌバン
女性用腰布 ティモール島アマヌバン アトニ人 20世紀
撮影:笹谷遼平

  インドネシアは大小何千という島々から成り、染織の宝庫とも言われます。今展では土着の手仕事を中心にスマトラ島、ティモール島、その他ヌサ・トゥンガラ諸島のテキスタイルを紹介します。

 スマトラ島はインドネシアの西端に位置し、マラッカ海峡を臨み太古より交易で栄え、文化の交流も盛んに行われました。島の内部では様々な部族に分かれ住み、それぞれ特徴の異なる染織品が見られます。島北部、トバ湖周辺の山岳地域に居住するバタックの藍絣や、島南端に住むランプンの繊細な織柄に金銀糸やミラー刺繍が美しい衣装等、多彩な染織品が並びます。

 スマトラ島から東に2000km、ヌサ・トゥンガラ諸島の東端に位置するティモール島は、1950年にインドネシアの一部として独立以降、それまでの公国制度下の模様や色の制約が徐々に緩み、創意工夫に富んだ布作りが盛んに行われました。動物や人物の素朴で独特な絣文様、また、アンデスの古代染織にも似た綴れ織技術で織られた帯など、興味深い布が生み出されます。オランダ等から輸入された糸が庶民の手に渡ったこともあり、独自の染織の発展を遂げたのです。

 生産性からは距離を置いた生活、伝統に縛られない柔軟な思考で生み出された布からは、手仕事のもつ温かみの中に、思いがけない色や形の組み合わせが発見できます。プリミティブなエネルギーに溢れ、現代に生きる我々に新鮮な刺激を与える「僻地の手仕事」をご覧ください。



講演会

*各回予約制で定員40名、会費2,500円。
ご予約は8月6日(火)からお電話にて受付します。(事務局03-3718-2461/10:00〜17:00/日・月は休み)

9月3日(火) 13:30−15:30
「西ティモール アトニ人の衣文化」
講師 |岡崎 真奈美

1995年にはじめてティモールを訪れる。紡錘で糸を紡ぎ、腰機で布を織り、その布を巻く人々に出会う。「ティモール テキスタイル」の屋号を背負って東南アジアを歩き、民族染織の蒐集と民族文化の調査を生活の糧とする。


10月8日(火) 13:30−15:30
「模様に託す思い ヌサ・トゥンガラ諸島の人々と、スマトラ島のランプン人」
講師 |渡辺 万知子

染織作家。1972年にインドネシアに渡って以来、現地の染織を独自に研究し、国内各地での展覧会開催や講師を務める。染織工房「イカット」主宰。著書に、島々の染織現場を記録した『染織列島 インドネシア』(めこん)がある。




ギャラリートーク

8月17日(土)/10月19日(土):岡崎 真奈美(ティモールテキスタイル)

9月21日(土)/10月26 日(土):内村 航(当館学芸員補)

いずれも予約不要で当日10:30−11:30に展示品の解説をします。
会費200円(別途入館料) 友の会会員は無料です。

上記の日程以外でも、10名以上の団体を対象にギャラリートークを受け付けています。
ご希望の方は、事前にお申し込みください。