展覧会
  • 現在開催中の展覧会
  • 過去の展覧会
  • 今後の展覧会
当館について
  • ごあいさつ
  • 館長・岩立広子より
  • 出版物
  • 友の会募集
交通案内

「対話する布——Cloth that talks」

2022年10月14日(金) — 2023年1月27日(金)

毎週金曜日開館・完全予約制 (12月30日は休館)
スタッフによる解説付 ・関連書籍の閲覧コーナー併設
ご予約はこちらから。

入館料:一般1500円/学生 1000円/障がい者とその介護者 500円(手帳をご提示ください。)

 コロナの影響とさまざまな事情が重なり、これまで続けてきた活動を休止しておりましたが、その間、今までやって来たことを振り返る良い機会になりました。小さな疾病が、ここまで多くの人々の日常生活や将来を変えてしまうのを目の当たりにし、どのような形でそれを乗り越えるべきか、すぐには答えが出せずにいました。
 そんな中、ミュージアムの活動記録として「対話する布」を出版しました。おかげさまで多くの方々からの反響がありました。布に興味を持つ方々の連帯があれば、新しい美術館の在り方を一緒に模索していけると思いました。私が心を動かされ、収集した布を、再び皆様に見ていただき、その気持ちを分かち合うことで、何か新しいものが生まれるような気がしています。ぜひご来館下さい。

岩立 広子


祝い用布[カンタ] ベンガル地方 19 世紀末
被衣[フルカリ]インド パンジャーブ州 19世紀末
手描染布 アンデス ナスカ期(B.C.2C 〜 A.D.6C)
毛布 チベット 19世紀後半〜20世紀前